2024年(令和六年)7月の京都から

sponsored link

京都で現役の観光ガイドをしております。

個人ではなく京都市観光協会認可ガイド団体に所属し活動しております。

(つまりシフト制の請負ガイド)

本サイトのトップページに日々の話題をブログ形式に記載しております。

ネタとしては行政、神社やお寺の公式サイトや公式SNSを引用する形にしています。

理由は誤解や誤り、偏向を避けるためです。

自分自身で取材して正しいと思っても、間違いや勘違いもありますので。

月間京都の7月号と言えば、お約束の祇園祭特集。

京都市民からしても

「7月に祇園祭以外に何があるの?」

です。

月刊「京都」2024年7月号<祇園祭を鑑賞する> 雑誌 京都 祇園祭 宵山 山鉾巡行 グルメ 穴場 京都観光
●粽に授与品、わらべ歌や懸装品に出会える宵山鑑賞
●動く美術館の勇壮さと美しさに間近で接する巡行鑑賞
●甦る勇姿、迫力と熱気に包まれ都大路を練る神輿渡御
●祇園祭TOPICS 2023 2024

X(Twitter)でも京都の話題をご紹介

御朱印サイトとはなじまない話題などはこちらだけでご紹介しております。

京都御朱印めぐり(観光ガイドの話題

2024年(令和六年)7月20日(土)の話題

今日は前祭の話題。

もう3日も経つのに、いまだ前祭ショックが抜けません。

綾傘鉾の棒振り囃子ですが、毎年微妙に進化(変化)しているのご存じでしょうか?

この映像を見て、前年との違いが判る方...そうとういっちゃってますネ。

ところで

前祭では御池新町通の有料観覧席でお客様をご案内しておりました。

  • 綾傘鉾の棒振りは超カッコイイ!
  • 四条傘鉾の棒振りは超カワイイ!
  • 菊丸君の太平の舞は超スゴイ!
  • などなど

お客様の期待感を盛り上げておりましたが、各山鉾ともほぼ素通り...(涙)

お客様に謝り続けたトラウマの一日となりました。

いまだ立ち直れず...

2024年(令和六年)7月15日(月)の話題

今日は宵々山の話題。

こんな会所の前は素通りできません。

ところで各山鉾町会で授与される粽ですが、売れ行き好調です。

粽が用意できないという報道も後押ししていると思いますが、人気の長刀鉾は早々に売り切れ!

お目当ての山鉾の粽購入を予定されている方は10時にはお買い求めされた方がよろしいでしょう。

また、後祭の山鉾町会は前祭跡ですから、フラゲはありません。

各山鉾町会の公式オンラインサイトでご予約されるのはいかがでしょうか?

ところで...

ご存じ方はご存じの綾傘鉾の曳鉾。

会所には焼失直前の模型も展示されています。

綾傘鉾は現状でも傘鉾、風流囃子、生稚児など揃っています。

ここに曳鉾が加わればフルスペック、最強の山鉾になります。

綾傘鉾は人気もありますので、金銭的には可能性「大」です。

しかし、お金があれば何でもできるというものではありません。

山鉾は氏子町会(地域住民)が維持運営するものです。

現在の綾傘鉾の規模でも、かなりの負担がかかっています。

壬生六斎念仏保存会や華頂大学、佛教大学をはじめとするボランティアの方々があってこそできています。

ここに曳鉾は...

周囲の復活「想像」の盛り上がりと対照的に、町会の皆様は「想像もできない...」がホンネだと思います。

2024年(令和六年)7月14日(日)の話題

今日は稚児餅の話題。

※7月13日・14日は終日お客様のアテンドのため先行掲載しました

宵々々山から宵山、山鉾巡行の期間は、観光客は四条烏丸周辺に集中。

それに比べ八坂神社周辺は静かな雰囲気。

そんな八坂神社の隣(というかもう境内)にある中村楼。

「稚児餅」、「ちご餅」というのは、京都のみならず、今や日本中にありますが

これが正真正銘の「稚児餅」。

本来なら私たちは食べることなどかなわないものです。

中村楼さんからのお裾分けみたいな感じで食べることができます。

ありがたやぁ~

稚児餅が期間限定で、しかもここでしか食べれないので、

同じようなものを作って食べようと各地に「稚児餅」が作られるようになった...のでは?(個人的見解です)

四条烏丸の喧騒も祇園祭ならでは。

八坂神社のいつもと違う厳かな雰囲気も祇園祭ならでは。

そんな祇園でホンモノの稚児餅、食べてみませんか?

画像クリックで拡大画像がひらきます

2024年(令和六年)7月13日(土)の話題

今日は言い間違いの話題。

祇園祭の宵々々山を控え、祇園祭ネタ一択のハズがとんでもない話題が出てきました。

このサイトでは政治関連は扱わないポリシーですが、これは言い間違いという観点で取り上げています。

現職アメリカの大統領といえども言い間違いはあっても不思議ではありません、人間ですもの。

ただ、ゼレンスキーが隣にいる中でプーチンと言い間違えるのは、さすがに...

アメリカンジョーク、ブラックジョーク、などの域をはるかに超越しています。

ニュース動画を二度見、三度見していまいました。

まだ今年半ば過ぎですが、これほどのインパクトのある映像は少なくとも年内は現れないのではないでしょうか。

私もこれから祇園祭の説明員の仕事がありますが、「葵祭」と言い間違えないように気を付けたいと思います。

牛頭天王(須佐之男命、玉依媛命、八柱御子神)か、賀茂別雷大神、賀茂建角身命のいずれかの天罰にあたることでしょう...

2024年(令和六年)7月12日(金)の話題

今日は月鉾の話題。

祇園祭の山鉾巡行。

皆さん押しの山鉾があるかと思います。

一番人気はやはり長刀鉾でしょうか。

船鉾、大船鉾も人気があります。

私が後援会に所属している綾傘鉾も、棒振り囃子があるので人気がありますよ。

意外に(失礼)人気があるのが蟷螂山。

他にも太子山とか鶏鉾、放下鉾とかコアなファンがいる山鉾があります。

そんな中でも、隠れた人気者は月鉾でしょう。

これは京都観光ガイドの中でも意見の一致するところです。

月鉾ファン、本当に多いです!

月鉾は高さ26m、重さ12t(最重量)です。

三日月をいただく真木(「しんぎ」と読みます)は竹製!

だからよくしなります。

2024年(令和六年)7月11日(木)の話題

今日は祇園祭の粽の話題。

いよいよ粽の授与が始まりました!

押し山鉾がある方は、宵山だと売り切れがあるので気が気ではありませんネ。

こんな事言うと叱られますが、世間一般のお客様は

「いよいよ祇園祭が始まるな」

という気分です。

2024年(令和六年)7月9日(火)の話題

今日は祇園祭の交通規制の話題。

「えっ?祇園祭って来週でしょ?」

と思われているアナタ!

もう始まっていますよ。

明日7月10日は「神輿洗」、八坂神社の超お重要な神事があり四条通りの八坂神社前から夕方車両通行止めになります。

こうした神事があって、初めて宵山や山鉾巡行ができるのです。

交通規制について詳しくはこちら:

gionmatsuri-kisei.pdf (pref.kyoto.jp)

2024年(令和六年)7月6日(土)の話題

今日は悲しいお知らせがあります。

ここ数日、上賀茂神社(葵プロジェクト)から購入して栽培していた葵が暑さのせいか元気がありませんでした。

それが今朝は全滅の危機に瀕しています(涙)。

思い当たるのは、私が祇園祭しか頭になかったこと...

これから上賀茂神社に参拝に行かねば!

2024年(令和六年)7月5日(金)の話題

今日は「七夕」の話題。

もうすぐ七夕。

♬ 笹の葉 さぁらさらぁ~ ♬

の笹。

嵯峨野の竹林のガイドでもネタの定番、

笹と竹との違い

お客様の多くの方のイメージは

大きいのが竹、小さいのが笹

が多いんですよ。

ちなみに、七夕飾りに使うのは竹でも笹でも良いそうです。

ところで、ここのところ暑いですねぇ。

奈良ではこんな感じらしいですよ。

2024年(令和六年)7月4日(木)の話題

今日は「神面改め」の話題。

NHK京都放送局で船鉾の「神面改め」のニュースが放送されました。

今月17日に行われる祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾巡行で、最後尾を進む「船鉾」では、古事記や日本書紀に出てくる神功皇后の人形がご神体として置かれます。
3日は、ご神体につける面の状態を確かめる「神面改め」が行われ、山鉾の保存会や町内会の関係者、およそ20人が集まりました。
まず、代表者2人が室町時代作とされる「本面」と、江戸時代作とされる「写し面」を木箱から慎重に取り出しました。
面には息がかかってはいけないとされ、代表者は懐紙を口に挟んだままおよそ30秒間、面を掲げ、参加者は異常がないことを確かめていました。
2つの面のうち「本面」は前夜祭で一般に公開されたあと箱に戻して鉾に持ち込まれ、巡行当日は「写し面」がご神体に取りつけられることになっています。

もし蓋を開けて空っぽだったらどうしよう!

ドキドキするねぇ、とテレビ相手に独り言をしたら家族が

「そんなの事前に確認してあるにきまってるでしょ!」

そうなん?...やっぱり。

ところで

祇園祭船鉾保存会の丸橋博之 代表理事は「本面は優しく気品のある顔をしていて、町衆のビーナスだと思っています。長時間の巡行になるので熱中症に気をつけ無事に終われるよう願っています」と話していました。

ということで、ご神体の面に「熱中症に気を付けて」というのも洒落たコメントだなぁと感心していました。

しかし長尺のニュースで発言を聞いていると、面の話がいったん終わった後に山鉾巡行では暑いので熱中症に気を付けて巡行しようという話でした。

最近はSNSでも切り抜き動画が流行していますが、人の話というのは前後の文脈の中でキチンと捉えないと、とんだ間違いをしでかしてしまいそうです。

2024年(令和六年)7月3日(水)の話題

今日は京都バスの話題。

市バスの混雑を横目にスイスイ乗れる京都バス。

でも、一日乗車券で乗れる範囲は楽チンですが、それを越える範囲だといささか面倒。

それでも乗りたくなるのが貴船行き...

ちなみに地名の貴船は「きぶね」ですが、

貴船神社は「きふね」じんじゃと読んで濁りません。

水の神様なので...、いやホントの話ですヨ。

2024年(令和六年)7月2日(火)の話題

今日の話題はくじ取り式。

1日から始まった京都の祇園祭で、最大の見せ場、「山鉾巡行(やまほこじゅんこう)」の山や鉾が進む順番を決める「くじ取り式」が行われました。

令和6年前祭(2024年7月17日(水))の巡行順

1☆長刀鉾 → 2油天神山→ 3伯牙山→ 4白楽天山→ 5☆函谷鉾 → 6山伏山→ 7綾傘鉾 → 8保昌山→ 9鶏鉾→ 10霰天神山 → 11芦刈山 → 12孟宗山→ 13月鉾→ 14太子山 → 15四条傘鉾 → 16蟷螂山→ 17菊水鉾 → 18木賊山 → 19郭巨山 → 20 占出山→ 21☆放下鉾 → 22☆岩戸山 → 23☆船鉾
(☆くじ取らず)

くじで順番を決めるのは良いとして毎年指摘される問題点が2つ。

祇園祭の「山鉾巡行」の「くじ取り式」は、あらかじめ順番が決まっている山や鉾を除いた24基が進む順番を決めるもので、争いを避けるため500年以上前の室町時代に始まったとされています。

みんなでくじ取りをするのではなく、順番が固定されている山鉾があること。

コレ、既得権益ってこと?

2日は京都市議会の議場に紋付きはかま姿の山や鉾の代表者たちが集まり、松井市長の立ち合いのもと順番にくじをひきました。

なんで京都市議会の議場でやるの?

政教分離ちゃうの?

疑問はごもっとも。

でも、これ、実は深い理由があってのことなんです。

巡行順番が固定といっても未来永劫固定されているということでもなく、

北観音山と南観音山の順番を毎年入替ようとか変更もされたりするのです。

2024年(令和六年)7月1日(月)の話題

今日は粽の話題。

いよいよ7月。

京都では祇園祭がスタートです。

これまで何度かお伝えした粽つくり。

実は私も後援会の会員だったりする綾傘鉾の粽つくりがNHK京都放送で放送されました。

「ちまき」は、1日から始まる祇園祭の期間、山鉾巡行に参加する山鉾などで授与され、厄よけとして玄関などに置かれます。 祭りを前に、京都市内ではちまきづくりが盛んになっていて、山鉾の一つ綾傘鉾(あやかさほこ)を建てる下京区の善長寺町の保存会では、若い人にも体験してもらおうと、市内の大学と短大の学生およそ50人が参加してちまきづくりが行われました。

動画でご覧いただけますように、綾傘鉾の粽には大原神社のお札が付いております。

ありがたやぁ~。

出来上がった粽はそのまま出荷ではなく、神前でお祓いをしてから授与されます。

なので後援会の会員であっても7月1日の「吉符入り」を経ないと授与していただくことはありません。

【追伸】

「衹園祭~京の夏の色と音~」放送!

といっても2020年5月初回放映された番組の再放送です。

なので2019年以前の映像になります。

しかもBS8Kのみですので、試聴できる方は限られているかと。

sponsored link